FC2ブログ

チリビーンズ

「チリコンカン」、「チリコンカーン」、「チリコンカルネ」などと
様々な呼び名がありますが、ウチでは「チリビーンズ」と言っています。

そんなに大変な料理ではないのですが
しょっちゅう食べると飽きるので月に一度くらい作っています。

本来はキドニービーンズなどを使うのですが
ウチでは入手しやすい大豆で作ります。

0128.jpg

材料は左上から、オリーブオイル、赤ワイン、トマト缶

牛肉を包丁で叩いたもの(ひき肉でも可)250g、タマネギ大1個

塩、チリパウダー(GABANがオススメ)、オレガノ、チリペッパー、ローレル

大豆水煮、ニンニク、ブイヨンorビーフコンソメ


プラスお好みで、ハチミツ、コショウ、トマトケチャップなどです。



まず火を消した状態でオリーブオイルにニンニクを入れます。

0129.jpg

弱火でじっくり、オイルに香りが写ったらタマネギを入れます。

0130.jpg

0131.jpg

この程度にしっかりと炒めたら鍋に移しておきます。

0132.jpg


次はオリーブオイルで牛肉を炒めます。

0133.jpg

0134.jpg


しっかりと炒めたら少量の赤ワインでフランベします。
赤ワインを入れすぎると仕上がりがビーフシチューに近い味になってしまうので注意。


肉も鍋に入れ、トマト缶、大豆も投入します。

0135.jpg

0136.jpg

ブイヨン(ビーフコンソメ)、ローレルを入れて火を着けます。

なんだか水分が足りないように見えますが、温まってくるとトマトの水分が出てくるので
この分量だったら絶対に水などを入れないように。



0137.jpg

このように水分がしっかりと出てきます。

弱火で20~30分煮て、ローレルを取り出し、チリパウダー小さじ1とコショウ少々入れます。
塩は味見しながら足していきます。

オレガノ(香り)、チリペッパー(辛さ)はお好みで入れます。


タマネギ大1個くらいをしっかり炒めれば、それ以上の甘みは必要ないのですが
もしこの時点でトマトの酸味がキツく感じたら、ハチミツや砂糖を加えます。

コクが足りないと感じたらトマトケチャップを少々入れます。
加えすぎるとケチャップ味になるので要注意です。

甘みもコクもタマネギの量と炒め方次第なので
タマネギはケチらず、炒めるのも手を抜いてはいけません。




余談ですが、ウチではトマト系の味付けのものには
この2つが欠かせません。

0138.jpg

中身は

0139.jpg

アメ横の輸入食材の店、「大津屋」で買ってきます。




0141.jpg

バジルの注意書きは普通ですが

0140.jpg

ハバネロはこの通り、おどろおどろしい注意書きが並んでいます。








もう一品、近所のパン屋さんで買ったラスク

0142.jpg

これに生ハム、先月の記事で紹介した「アボカドのディップ」を乗せます。

0144.jpg

ちょっとしたカナッペです、食べるときに黒胡椒を振ります。



0145.jpg

チリビーンズも食べる直前にオリーブオイルをたらします。
香りがグンと良くなります。

お好みでバジル、ハバネロ、粉チーズなどをかけ
クラッカーがあったら砕いて入れたりもします。


今日は白ワインでいっただっきまーす!








もう一つ余談です。

アルミ鍋って黒ずんできますよね、これが料理前の鍋です。

0146.jpg


料理が終わって洗ったものがこれ

0147.jpg

トマトは酸性なので、トマト系の煮込み料理を作るとキレイになります。











コメントの投稿

非公開コメント

かる~い自己紹介

バルキッチョ

筆者:バルキッチョ
こんにちは
B級グルメと酒をこよなく愛し、工業系なこともわりと得意としています

最新記事
よかったらコメントしていってください
こよみ
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今月はこんなもんです
カッテゴッリ
ゆっくりしていってください
ランキングです
調べます
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR