スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリコ「バトンドール」


先日の池袋のキットカットショコラトリーと同じように

市販菓子の「ここでしか買えない高級バージョン」のポッキー版です。

0703.jpg

画像は阪急うめだ本店内のショップですが

もう一店舗、大阪高島屋内にもショップがあるらしいです。


ちなみにこの日は土曜日で、買えるまで50分待ちでした。


0704.jpg

周辺にはこの紙袋を下げている人だらけでした。


0705.jpg

キットカットショコラトリーと同じように小分け用の袋も貰えます。




0706.jpg

このようなオシャレな箱に入っています、どれも一箱税込みで501円です。

箱の大きさは同じなのですが、種類によって若干の内容量の増減があります。


0707.jpg

立体成型のような手の込んだ作りの箱です。


どんどんラインナップが変わっているようで

この日は画像の他に「シチリアレモン」があったのですが、なんとなく買いそびれました。


0708.jpg

箱の中はこんな感じです。


0709.jpg

0710.jpg

左から「ミルク」「カフェ」「ストロベリー」「抹茶」「シュガーバター」です。

「シュガーバター」だけはコーティングなしで、その分内容量が多めです。


どれもこれも「プリッツ」の部分はものすごいバターのいい香りがします。

本当にバターたっぷりでとても食欲をそそります。


ミルクとカフェは特筆することはないのですが、バターの風味を殺さないいいバランスです。

バター感を推しているようなので

コーティングだけが際立たないように配慮がされているのだと思います。


ストリベリーは苺以外にブルーベリー粒が入っていて

その香りがプラスされてとてもいい味です。


抹茶はキットカットの時と違ってしっかりと抹茶感が出ています。


シュガーバターは純粋にバター感を楽しむのに最適です。



どうしても同じようなコンセプトのキットカットショコラトリーと比べてしまうのですが

私の評価では「バトンドール」の圧勝です。


キットカットはあまりに凝りすぎていて、「市販菓子」の枠をはみ出ていました。

キットカットでは思わなかった「もう一度食べたい」感がバトンドールにはありました。





コメントの投稿

非公開コメント

かる~い自己紹介

バルキッチョ

筆者:バルキッチョ
こんにちは
B級グルメと酒をこよなく愛し、工業系なこともわりと得意としています

最新記事
よかったらコメントしていってください
こよみ
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
今月はこんなもんです
カッテゴッリ
ゆっくりしていってください
ランキングです
調べます
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。