FC2ブログ

あれ? 意外とイケる


よくそばやそうめんを茹でて食べるのですが、この夏はさすがに暑すぎてお湯を沸かすのにうんざりしてしまいました。
でも麺は食べたい、ということで今までどちらかというと敬遠していたこれを使うことにします。

1030.jpg


正直今までは「邪道」、「うまいわけがない」というジジイ特有の先入観で使おうと思いませんでした。
でもあまりの暑さに負けてとうとう使ってみようと思いました。

いろいろと調べてみるとパスタは水からでいいようですが、そばやそうめんは熱湯を入れたほうがいいようです。

「なんだ、結局お湯を沸かすんじゃないか」と思うでしょうが、鍋で沸かすのとティファールの電気ポットで沸かすのでは室内の温度、湿度への影響がかなり違います。

時間を試行錯誤して、自分の一人前(120~130gくらい)だとそうめんは500wで3分30秒、そば(5分ゆでのもの)は6分でいい感じになりました。

そうめんはお湯で作るのと遜色のないものができるのですが、時間厳守に関してははかなりシビアです。

それより驚いたのは乾麺のそばで、普通にお湯で茹でると当然ながら麺の外側から茹でられるので芯がなくなる頃には外側は中心部より柔らかめになります。
その柔らかさの違いを解消するために冷水で締めるのですが、やはり完全に解消されることはありません。

しかしこれでチンするとお湯の中に入っていながらも麺内部にもマイクロ波が到達するので、「芯が残っていないのに固めの茹で加減」ということができるのです。
お湯で茹でるよりもちもちとした食感になります。

今まで味わったことのないそばの食感で、でっかいウロコが目から落ちたくらいショックでした。
好みの問題でしょうが私はかなり気に入りました。


もう一つ、「そば、うどん、そうめんは大量のお湯で茹でる」という鉄則も完全に無視する道具なのですが、そばに関してはこの「少ないお湯」というのが功を奏して大量のお湯で茹でるよりそばの香りが強く感じました。

そばの成分「ルチン」は茹でたあとのそばよりそば湯に多いと言われるくらい溶け出しやすいので、少ない湯だとそばに残る量が多いのではないかと思っています。

しばらくこれにハマりそうです。

スポンサーサイト
かる~い自己紹介

バルキッチョ

筆者:バルキッチョ
こんにちは
B級グルメと酒をこよなく愛し、工業系なこともわりと得意としています

最新記事
よかったらコメントしていってください
こよみ
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
今月はこんなもんです
カッテゴッリ
ゆっくりしていってください
ランキングです
調べます
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR