FC2ブログ

火怨・北の英雄 アテルイ伝

「風の陣」を読み終わり、その後ゆっくりと「火怨」を読み返していました。
なんとなく「火怨」の感想などを検索していたら、思わぬモノがヒットしました。


2013年1月11日、20:00時
NHK BSプレミアムにて
「火怨・北の英雄アテルイ伝」放送決定!



全4回だそうです。

原作はもちろん「高橋克彦」さん。




阿弖流為は大沢たかお、母礼は北村一輝、佳奈は内田有紀
田村麻呂は高嶋政宏など豪華メンツです。

私の頭の中のイメージとは少し違う感じのキャストですが
それは皆それぞれ違うと思われるので仕方ありません。

あと登場人物が原作とちょっと違う部分があるようで
「阿弖流為に思いを寄せる波奴志己(阿奴志己?)の娘、古天奈」
などという役があるようです。

大河ドラマのように長い時間で放送される訳じゃないので
その「古天奈」とやらの「惚れた腫れた」で無駄な時間を使わなければいいのですが。



私の中では「高橋氏の作品の中でもっとも秀逸」だと思っている物語なので
とにかく期待してしまいます。



スポンサーサイト

みがき麦

11月26日新発売、イオン系列の店だけで扱うという新ジャンル「みがき麦」です。
1本100円です、系列店だけの販売だから安く売っているとこがあるということはないはずです。

0183.jpg

0182.jpg

サッポロビールで製造しているので期待したいのですが
前回の「百年麦芽」がアレだったので・・・。


0184.jpg

見た感じは普通です。

最近やたらに「クリーミーな泡」とか
それに類する言葉が付いているビール類が多いのですが
缶のまま飲んだり、缶からグラスに注いだのでは違いなんて分からないと思います。

「サーバーを使って初めて違いが分かるようなものを売り文句にしないでほしい」
と、個人的には思っています。



さて、肝心の味ですが
個人的には「百年麦芽」よりはいいと思います。

しかし・・・なんでしょうね?この苦味。
一般的なホップの苦味でもなく、カラメル特有の焦げ臭い苦味でもない。

ちょっと違和感があります。
苦ければビールに近いと思われやすいのでしょうか。

新ジャンルは新ジャンルで、ビールじゃないのは承知の上なのだから
飲みやすさとかで勝負した方がいいのではないかと思います。


これも私には「ナシ」です。
ここのところ私的にはサッポロの評価はガタ落ちです。


以上勝手な評価でした。


酔って食?

前記事で新宿の「ビックロ」に行ったのですが
ついでに前から気になっていた飲み屋に行きました。

0162.jpg

高田馬場の駅前
早稲田通りを渡ってすぐです。

0163.jpg

0180.jpg

焼肉食べ放題の老舗「すたみな太郎」のグループ店、「酔って食(よってく)?」です。

食べ飲み放題1980円(90分)なのですが、開店2周年記念ということで
平日17:30までに入店すれば1280円、休日17:00までに入店で1480円という
信じられない金額で飲み食いが出来るのです。

この日は土曜日だったので1480円でした(もちろん税込です)。
入店してすぐのレジで前払いします。

16:30くらいに行ったのですが、私達の他にはお客さんがいませんでした。
(なんと14:00から営業しているらしいです)
全てセルフサービスなので、軽く説明を受けて行動開始です。

0164.jpg

ケースからジョッキを出して好きなお酒を入れます。

0165.jpg

これはビール(サントリーの新ジャンル、ジョッキ生)サーバーです。
ジョッキを置いたらボタン一つで泡までしっかり注いでくれます。

右端のは日本酒(燗もできます)の機械です。


0166.jpg

こちらは焼酎甲類と
芋焼酎、ウイスキーがあり、アイスペールと各種割り材です。

0167.jpg

烏龍茶やコーラ、ジンジャーエール、炭酸水などは左のサーバー
コーヒー類やお湯は右のサーバーです。


0168.jpg

紅茶の品ぞろえも結構なものです、飲み屋でも需要があるのでしょうか。



0169.jpg

料理類はこちら、皿で置いてあるのは奥からサラダ類、揚げ物、一品料理
電磁調理器に乗っている鍋はモツ煮とグリーンカレー
そしておでん鍋、点心は両方ともシュウマイでした。

一番手前はご飯のジャーです、写っていないのですがその手前に鍋が2つあり
カレーと味噌汁がありました。

その前に小さなツボが並んでいて福神漬けや梅干しがあります。


通路の反対側には冷ケースがあり、冷奴やしば漬け、キムチなどがあり
その隣には串揚げが出来る機械と串に刺さったヤングコーンと白身魚が並んでいます。

その隣にチョコレートファウンテンの機械らしきものがあったのですが
残念ながら稼働していませんでした。


0171.jpg

第一弾はこんなもので。
各種サラダ、鶏唐揚げ、ニンニク揚げ、カキフライ、コロッケ、とんかつ
おでん、シュウマイです。

カンパ~イ!

ジョッキ生美味しいです、最近では「生ビール」と書いてあっても
実際に飲むと明らかに「新ジャンルだろ?」という店がありますが
最初から「新ジャンル」と分かっていれば何も問題はありません。

窓際の席に座ったので高田馬場の駅前が一望できます。

0181.jpg



0172.jpg

串揚げはセルフで揚げてきたヤングコーンと白身魚です。


卵焼きを取りに行ったら無かったので聞いてみたら
「席にお持ちします」とのこと

0173.jpg

問題なく美味しいです、出来立てなのでアツアツでした。



その後も、私達の食いっぷりを見て判断したのか
他にも持ってきてくれました。

0174.jpg

一口食べてから写真を撮るのを思い出してしまいました。
サーモン、しめサバ、イカ、蒸しエビ、えんがわ、エビマヨ、炙りしめサバです。
しめサバ、酸っぱすぎずとても美味しかった!

0175.jpg

唐揚げ、ゲソ揚げ、豚串も出来立てを持ってきてくれました。


これはあくまで他にお客さんがいなかったからで、忙しいときは当然無理だと思います
この金額でここまでしてくれると、申し訳ないと思いつつもとても嬉しかったです。
「イケメンのヒゲのお兄さん、ありがとう!」


ジョッキを2杯飲んだ後は焼酎のお湯割りを作って梅干しを入れて数杯。
その後は日本酒も少しいただきました。

この他に、煮込み、漬け物、キムチ、バジルスパゲッティ、カレー
(全部少量ずつですよ)などをいただきました。


気がつけば外はすっかり暗くなっています。

0176.jpg

0177.jpg

前にも下げてくれたので、これは後半だけの器です。


さて、コーヒーとデザートです。

0178.jpg

コーヒーは1杯ずつ挽いて淹れる機械でした。
ファミレスの飲み放題にあるコーヒーよりずっと美味しくて驚きです!

白玉ぜんざいも美味しかった。
カミさんは「桃まん」も食べたかったようですが、この時はありませんでした。




一番奥にはダーツも出来る席がありました。

0179.jpg







中には「これはちょっと・・」と思う料理もありましたが
最初に少量だけ味見して、その後は気に入ったものだけ取ればいいだけのことです。


普通の飲み屋に行っても
明らかに前日の残り物を「お通し」として出され、平気でいい金額を取られたり
期待して注文したら、おそろしくまずいものが出て来たりすることがあります。

そういうことを考えると、こういう形態の飲み屋がもっと増えてもいいと思います。


とにかくこの金額でこんなに飲み食いが出来るところは他にないでしょう。
大満足です、また新宿方面に用があるときはぜひ行きたいと思います。



ビックロ  

新宿東口です。

0150.jpg


カミさんが、今話題の「ビックロ」で買いたいものがあると言うのでやってきました。




ビックロに向かって新宿大通りを歩いていると

「ロボット、ロボットレストラ~ン!
ロボットレストラ~ン!歌舞伎町にオープン!
ロボットレストラ~ン!」


というけたたましい女性の声が・・・見てみると

0151a.jpg

0152.jpg

繁華街ではおなじみの広告トラックが。


ところがその後ろに

0153.jpg

0161.jpg


高さ3m以上はあろうかという女性の上半身に、ガンダムのような下半身!

これがロボットなのかどうかは全く不明ですが、とりあえず目を引くことは確かです。

後で調べてみると、この車、夏から渋谷、新宿エリアではわりと走っているらしく
「ロボットレストラン」なる店もアングラではそれなりに有名らしいです。

「ロボットレストラン」という名前から想像すると
ロボットが給仕や調理をしているレストランと考えてしまいがちですが
全然違うようです。

4000円でショーを見るという店らしいのですが、雰囲気は独特で
ほとんどが酒も飲まずに盛り上がるという、私には理解し難い所のようです。

「レストラン」と言う名前なのに
仕出し弁当とペットボトルのお茶しか出ないというバッサリとしたワリキリ(笑)。
(有料でビールなどはあるらしい)

それでいて行った人のブログによると、みんなものすごい満足度だという。

私は興味がありませんが、興味がある方は検索してみてください。





0155.jpg

ビックロに到着。

0156a.jpg

写真では空いているように見えますが
土曜日の6時くらいなので中に入ってみると鬼混みでした。
かなりの面積のビルの1~3階まではユニクロ、その上はビックカメラです。

カミさんが所望の、大型店舗限定商品「エアテックダウン」のロングコートが見つからず
店員さんに聞くことに。

しばらく待たされて、「当店では取り扱いがない」とのこと。

「取り扱いがない」???

大型店舗ってめったにないし、この夏からCMバンバンの「ビックロ」
まるでユニクロの旗艦店のようなイメージを植えつけておいて
売り切れならまだしも、「取り扱いがない」んだとさ。

ここに無ければいったいどこにあるって言うんだ???


ガッカリしながら帰ることに。






帰る途中で見かけた看板

0157.jpg

0158.jpg

「ド古着下さい」?
こりゃまた強気なのか弱気なのか分からないような文句が。





ちょっと歩いて謎が解けました。

0159.jpg





こーゆーことでした(笑)。


チリビーンズ

「チリコンカン」、「チリコンカーン」、「チリコンカルネ」などと
様々な呼び名がありますが、ウチでは「チリビーンズ」と言っています。

そんなに大変な料理ではないのですが
しょっちゅう食べると飽きるので月に一度くらい作っています。

本来はキドニービーンズなどを使うのですが
ウチでは入手しやすい大豆で作ります。

0128.jpg

材料は左上から、オリーブオイル、赤ワイン、トマト缶

牛肉を包丁で叩いたもの(ひき肉でも可)250g、タマネギ大1個

塩、チリパウダー(GABANがオススメ)、オレガノ、チリペッパー、ローレル

大豆水煮、ニンニク、ブイヨンorビーフコンソメ


プラスお好みで、ハチミツ、コショウ、トマトケチャップなどです。



まず火を消した状態でオリーブオイルにニンニクを入れます。

0129.jpg

弱火でじっくり、オイルに香りが写ったらタマネギを入れます。

0130.jpg

0131.jpg

この程度にしっかりと炒めたら鍋に移しておきます。

0132.jpg


次はオリーブオイルで牛肉を炒めます。

0133.jpg

0134.jpg


しっかりと炒めたら少量の赤ワインでフランベします。
赤ワインを入れすぎると仕上がりがビーフシチューに近い味になってしまうので注意。


肉も鍋に入れ、トマト缶、大豆も投入します。

0135.jpg

0136.jpg

ブイヨン(ビーフコンソメ)、ローレルを入れて火を着けます。

なんだか水分が足りないように見えますが、温まってくるとトマトの水分が出てくるので
この分量だったら絶対に水などを入れないように。



0137.jpg

このように水分がしっかりと出てきます。

弱火で20~30分煮て、ローレルを取り出し、チリパウダー小さじ1とコショウ少々入れます。
塩は味見しながら足していきます。

オレガノ(香り)、チリペッパー(辛さ)はお好みで入れます。


タマネギ大1個くらいをしっかり炒めれば、それ以上の甘みは必要ないのですが
もしこの時点でトマトの酸味がキツく感じたら、ハチミツや砂糖を加えます。

コクが足りないと感じたらトマトケチャップを少々入れます。
加えすぎるとケチャップ味になるので要注意です。

甘みもコクもタマネギの量と炒め方次第なので
タマネギはケチらず、炒めるのも手を抜いてはいけません。




余談ですが、ウチではトマト系の味付けのものには
この2つが欠かせません。

0138.jpg

中身は

0139.jpg

アメ横の輸入食材の店、「大津屋」で買ってきます。




0141.jpg

バジルの注意書きは普通ですが

0140.jpg

ハバネロはこの通り、おどろおどろしい注意書きが並んでいます。








もう一品、近所のパン屋さんで買ったラスク

0142.jpg

これに生ハム、先月の記事で紹介した「アボカドのディップ」を乗せます。

0144.jpg

ちょっとしたカナッペです、食べるときに黒胡椒を振ります。



0145.jpg

チリビーンズも食べる直前にオリーブオイルをたらします。
香りがグンと良くなります。

お好みでバジル、ハバネロ、粉チーズなどをかけ
クラッカーがあったら砕いて入れたりもします。


今日は白ワインでいっただっきまーす!








もう一つ余談です。

アルミ鍋って黒ずんできますよね、これが料理前の鍋です。

0146.jpg


料理が終わって洗ったものがこれ

0147.jpg

トマトは酸性なので、トマト系の煮込み料理を作るとキレイになります。











ヤマザキ 芳醇ランチロール

近所の「ローソン100」で朝食を買ってきました。

0125.jpg

これが1袋4個入りで税込み105円、高いのか安いのかよくわからないのですが
なんとなくお得感があったのと、おいしそうだったので買ってみました。



0127.jpg

こちらがツナ。

「もうちょっと中身が入っていてもいいかなぁ。」
       ↓
「でもすごく写真と違うってほどじゃないし、この値段じゃ仕方ないか・・・。」


と、つい思ってしまう絶妙な量と価格設定、見事!
敵ながら(?)アッパレです!


なぁんて考えて食べたわけじゃないけど(笑)。

バターロールの生地はおいしいです、さすが芳醇といった感じです。

ただバランス的にはもう少し中身があったほうが食べやすいと思いました。



0126.jpg

こちらがタマゴ。

中身の量はツナと変わらないのですが
ツナよりしっとり感があるので、こちらの方が食べやすいです。


どちらも問題なく美味しいです。
思い出したらまた買おうかなって感じです。





ホタテ貝ひもの佃煮

近所に刺身のうまい魚屋があります。
ホタテの刺身もよく売れているようで、余った貝ひもをものすごく安く売っています。

いつもある訳じゃないけど、見つけた時は買ってきて佃煮を作ります。

0118.jpg


噛み切ることは難しいので、この時点でハサミで短く切っておきます。

0119.jpg


もうここからはひたすら「洗い」です。

かなりの砂を食んでいるので、中途半端だとジャリジャリの食感になってしまいます。

0120.jpg

1度洗いでこれだけの砂が出てきます。

ボールに水を張り、金ザルの中でアミの部分にこすりつけるように洗います。
寒い時期はキツいですが、何度も水を替えて砂がなくなるまでやります。

洗い終わったら全過程の8割は終わったようなものです。

0121.jpg

左から砂糖、しょうゆ、みりん、酒、粉末ダシの素、生姜です。



0122.jpg

乾煎りして、ある程度水分を飛ばしたら酒を少々入れます。
するとまた水分が出てくるのでさらに飛ばします。

あとは甘辛く味付けです。
ご飯のおかずなら濃い目に、お酒のつまみなら少し薄めにします。

0123.jpg

味付けのつゆが飛んだら、生姜汁と一味唐辛子を投入して完成です。

0124.jpg

唐辛子があるかないかで味の締まりが全然違うので
辛いのが苦手な方も、少しだけは入れることをオススメします。


作ってしまえばジッパー袋に入れて冷凍保存も可能です。






新ジャンル 「百年麦芽」 他

新しいビール、発泡酒、新ジャンルを見つけたら
とりあえず味見しないと気が済まない性分です。


サッポロから新しい新ジャンルのお酒「百年麦芽」が発売されました。
前に買った他の新ジャンル2種類と一緒にレポしたいと思います。

まずはサッポロ「百年麦芽」。

0114.jpg

チェコで100年以上続く「手作り麦芽」使用!

・・・と言う、シロウトには「それってすごいの?」としか思えないウリ文句です。
おまけに「限定生産」という、消費者の心をくすぐる言葉もあります。

0117.jpg

このテの宣伝文句にはちょっとゲンナリしてしまうのですが
昔から黒ラベルは大好きなので、とりあえず期待して飲んでみましょう。


・・・コーラ?

最近見かける「甘くないコーラ」に似ています。

黒ビールじゃないのですが、カラメル感が強くホップの苦味を感じられません。

麦芽の使用料を制限される新ジャンルですから
コクを出すためにはホップで工夫するか、カラメルを使うかというのは理解できるのですが
この味はなんとも・・・・。

私には「ナシ」です、もう買うことはないでしょう。




お次は、前にカインズ大利根で買った「黄金off」と
ベイシアの「ベルジアンリッチ」です。

0113.jpg


まずは「黄金off」。

0116.jpg

糖質offなので通常の「黄金」よりアルコール度数、カロリー共に少ないです。

味は「黄金」のコクを少しだけ減らした感じなので
「黄金」好きの私としては特に問題はありません。

しかし、血糖値、尿酸値、肝臓の各数値などが全く問題のない私にとっては
あえてこっちを買うメリットは何もありません。

金額も普通の「黄金」と一緒です。


そしてこれ、ベイシアで売られている「ベルジアンリッチ」。

00115.jpg

カインズホームも「ベイシアグループ」なので
ベイシアのオンラインショップでは、これも「黄金」も買えます。

この「ベルジアンリッチ」だけは330mlでちょっと少なめです。
でも金額は「黄金」の350mlと同じで、名前の通りベルギーからの輸入品です。



う~ん、これもカラメルの風味が強めですねぇ。
「百年麦芽」よりは多少のコクはありますが、やはり私が買って飲むものではないです。



というわけで、今回の3種類は私がリピートすることはなさそうです。


ナスの味噌炒め

先日「道の駅ごか」で買ったナスを味噌炒めにします。

まずみそダレを作ります。

0098.jpg

量って作ったことがないので、だいたいの目安です。
酒、八丁味噌、砂糖ともに大さじ2~3くらいとしょうゆ小さじ1ってとこです。
お好みで粉末のだしの素を加えてもいいと思います。

0099.jpg

よく溶いたら舐めてみて味を調整します。
きちんと甘くないとおいしくないし、しょうゆが少ないと味が締まりません。



肉を用意します、今回は豚バラ200gってとこです。

0100.jpg

0101.jpg

本当は湯通しした方が食感も良く、脂の甘みも引き出せるのですが
時間がないときは炒めます。

0102.jpg

一度取り上げておきます。



野菜を切ります。

0103.jpg

本来はししとうがいいのですが、ないのでピーマンを入れます。

そして「コレ」!

0104.jpg

道の駅ごかで買った「タカノツメ」。
刻んだので、どこで口に入るかは食べてのお楽しみ。


0105.jpg

ナスもごかで買ったものです、中5本です。
この時期にしては皮が固くなかったのでそのまま切って使います
アク抜きもしません。


大さじ2杯くらいのサラダ油で強火で炒めます。

0106.jpg

0107.jpg

完全に火が通ったら肉を戻します。

0108.jpg

0109.jpg

みそダレを投入し、よく混ぜます。
みそが飛び散るので火加減を調整しておきます。

0110.jpg

香りづけのゴマ油を少々回し入れ

0111.jpg

出来上がり。


ナスと一緒に買った葉つき大根の葉っぱを使ってもう一品。

0112.jpg

大根の葉と油あげの炒め物です。

油抜きした油あげと、刻んだ大根の葉をゴマ油で炒めて
しょうゆとみりんで味付けたものです。
最後にすりゴマをたっぷりと。



タカノツメは当たり外れがあって、えらく辛いのもあれば
まったく辛くないのもありました。

普段葉つきの大根なんてめったに手に入らないので
よく味わって食べました。


どちらもとても美味しかったです。










新橋 むさしや

日本の鉄道発祥の地、新橋です。

0086.jpg


駅前のSL広場では古本市を開催していました。

0087.jpg



ここにある「ニュー新橋ビル」

0088.jpg

老朽化が問題になっていますが、もう都内ではほとんどないタイプのビルです。

0090.jpg

1階から4階まではありとあらゆる雑多な店舗
飲食、衣料、靴、チケット、パチンコ、ゲームセンター、サウナ、カプセルホテル
マッサージ、風俗、その他多数の業種が狭く仕切られたスペースにあります。

0091.jpg

0092.jpg



地下1、2階は、5~6人も入ればいっぱいになるような
居酒屋、バーなどがひしめき、5階から上は事務所、住宅となっています。

戦後の闇市の跡地に建てられたこのビル
その全ての店舗、事務所、住宅が個人の持ち物であるため
総意がまとまらなければ建て替えもままならないというジレンマに陥っています。



0089.jpg

線路の向こうには超近代的な「汐留エリア」があり
日本テレビや電通といった大企業の高層ビルが立ち並んでいます。


そんな時代から取り残されたようなビルの1階にあるこちら「むさしや」

0093.jpg

私がこの界隈に勤めていた20数年前にはすでにここにありました。

しかしその当時は、ラーメンや焼きそばやちょっとした定食を
立ち食いに近い形式で出す「急いでメシを食うサラリーマン」のためのお店でした。



それが数年前からB級グルメチックな洋食店に変わりました。

0094.jpg

0095.jpg

来たのは平日の13時半頃、7人ほどのサラリーマンの行列がありました。
カウンターの8席しかありませんが回転は早く、10分ほどで着席です。

行列に並ぶとオーダーを取ってくれるので
席に着くとほとんど待たずに出てきます。

0096.jpg

今回頼んだのはこれ、「オムライス」700円。

オムライスとナポリタン、刻みキャベツにマヨネーズがかかっており
きゅうりの漬け物が少々です。

上に見えるのは水と、湯のみのような器に入った味噌汁です。

となりと肘が当たるくらいのカウンターなので、全メニューがワンプレートです。
スプーンは見ての通り皿に乗って出てきます、これではスパゲティやサラダは食べづらいので
水の前の方に箸立てがあって自由に使えます。


オムライスのチキンライスの味は好みです。
卵はしっかり火が通っている昔ながらのタイプですが
卵をきちんと溶いていないので、見ての通りのまだら模様になっています。
見ようによってはカツ丼のようです。

普通の洋食店で働くと、オムレツ、オムライスの卵は
必ず泡立て器できちんと溶くことを教えられます。

でもこれがこのお店流ということで、これを求めてお客さんが来るのなら
それはそれでいいと思います。


ケチャップは見事に「Just a ケチャップ」です。
セロリ風味の強い廉価なデルモンテではなく、トマトの濃いカゴメだと思われます
個人的に好きなケチャップです。

ナポリタンも見事にケチャップ味です、懐かしい感がありますが
ちょっとケチャップ味が濃すぎるかなあ。

オムライスもケチャップが強いので、どちらも味がかぶってしまいます。
粉チーズがあればナポリタンは変化がつけられるのですが・・・。

メニューにナポリタンもあるし、全てのメニューに多めのナポリタンがつきますが
粉チーズとタバスコはカウンターの両端にしかありません。

端っこに座らない限り「取ってください」と言えるような雰囲気ではありません。
端に座った人はガバガバと粉チーズをかけていました。



写真では分かりづらいですが、かなりの量です。
しかしこれを大盛りで頼んでいた人が何人もいました。

私の少し後で「ハンバーグ丼」は売り切れていました。
どうやらそちらの方が人気が高いようです。


食べ終わった頃には行列はなくなっていました。

0097.jpg

全体的に濃い味なので、しばらくのどが渇いてしまいました。

「むさしや」
ニュー新橋ビル1F
平日10:30~19:00 土曜日10:30~16:00 日祝日休み




ブログを初めて1ヶ月経過しました。

1ヶ月は毎日更新しようと決めて、忙しくても具合が悪くても更新しました。
ここからは少し肩肘の力を抜いて、ゆっくりやっていこうと思います。






こんなことって・・・

古い話になりますが、恐ろしい偶然がありました。


今年の2月に中野サンプラザにて
「八神純子コンサート」を見に行きました。


そして8月に同じく中野サンプラザに
「オールナイトニッポンコンサート」を見に行きました。

0081.jpg

これがそのチケットです、右が2月のもの、左が8月のものです。



どちらも同じ「中野サンプラザ」です。

0084.jpg





チケットを拡大してみます。

こちらが2月のものです。

00821.jpg







そして・・・これが8月のものです。

00820.jpg



 1階
 18列
 12番 13番


・・・・・・。


「まったく同じかよ!!!」
(さまぁ~ず三村ふうに)



中野サンプラザなんて、私は25年以上前に1度入って以来だし
カミさんに至っては2月のチケットで初めて入ったというのに・・・。

2月のライブは「S席」指定なので1000席くらいだと思いますが
8月のは席分けがないので2222席のどこになるかはランダムだったと思います。

と、いうことは最初と同じ席になる確率は
2回ともライブの観客全員が2人組だと仮定すれば1/1111。

ところが実際には1人や3人以上で来ている人もたくさんいたので
こちらも「11番、12番」や「13番、14番」という席になる可能性があるのだから
完全に同じ席になる確率は、1/2222よりもずっと低いと思われます。


なにはともあれ、おかげで8月のライブは席を探す手間がかかりませんでした。


主催も企画会社も違う2つのライブ、偶然なのか、はたまた意図的なのか?


永遠に謎です。


公園六区ノスタルジー

いま浅草の六区ブロードウェイが激変しつつあります。

公園六区入り口には、なんとドンキホーテの入るビルが建つらしいし
ひさご通りに向かって右側一帯は、大規模な再開発をするらしく現在更地です。

スカイツリーが近いため、観光地としての地位が上がったのでしょう
あちこちで再開発が始まっています。

そんな中、若い頃に何度も映画を観たこちらもとうとう・・・

0076.jpg

0075.jpg

0077.jpg

浅草中映劇場、名画座、新劇場が全て閉館。

建物の老朽化もあるのでしょうが
ここからこの風景が消えてしまうのはなんとも言えないうらさみしさが・・・。

この日は競馬の開催日だったのと、傷害事件があったらしく
黄色いテープで立ち入りが制限されて物々しい雰囲気です。


時代の流れですから仕方がないのですが
そこに寂しさを感じるのは、自分がトシを取った証拠なのでしょう。



気を取り直してこちらへ

0078.jpg

持ち帰りシュウマイではピカイチです「セキネ」
新仲見世通りとすしや通りの交差点にあります。

ビートたけしが「日本一おいしい」と言った肉まんも売っています。
早めに来れば通常の3倍くらいの「ジャンボシュウマイ」も買えます。

この「セキネ」、赤羽と浅草に店舗があります。

冷凍や真空パックなどの日持ちのする売り方を一切しないし、賞味期限が当日のみなので
手土産にするには当日に買って持っていくしかありません。
夏場は保冷バックと保冷剤を持ってきた方が無難です。


今回は自分達で食べるためと、いつも犬がお世話になっている近所の方へのみやげに買いました。

0079.jpg

0080.jpg

器に移してラップして電子レンジでチン。

いつ食べてもここのシュウマイは本当に美味しい。

「つなぎが入っていないんじゃないか?」と思うほどの肉々感たっぷりです。

冬場は持ち帰りしやすいのでまた買いに行こうと思います。






渡良瀬遊水地

土曜日に出かけた先の近くにあったのでちょっとだけ寄ってみました。

0053.jpg

0055.jpg

日本最大の遊水地だそうです。
すごいとこですね~、なぜ今まで来たことがなかったのか?

ラムサール条約に加盟しているってことは水鳥の宝庫なのでしょうね。

0061.jpg

遊歩道も整備され、レンタサイクルで1周できるみたいです。


0060.jpg

ウィンドサーフィンも楽しむことができるみたいです。

0064.jpg

この他にも「エサ釣りエリア」「ルアー釣りエリア」「バーベキューエリア」などなど
とにかくめちゃくちゃ広いです。


初めて来たので、どこが正面入口なのかわからずに
「思い出橋」というところに来てしまいました。

時間がなかったので正面の方に行けなかったのですが
次回は絶対に犬を連れてゆっくりしたいと思います。


ラムサール条約の影響なのでしょうか
9:00~17:00までしか入れないようです。




本日のWiMAXの速度

自宅にて
11nノートPC  5.236Mbps
b/gタブレット  3.02Mbps

実用に問題のない速度です。
夜間や休日もこの速度を維持できればいいのですが。






「道の駅庄和」 「道の駅ごか」

昨日の記事の中にあった「道の駅」詳細です。

0043.jpg

4号バイパス沿い、上り線にある「道の駅庄和」です。


ここはお昼前に着いたのですが、駐車場はかなりいっぱいでした。

0047.jpg

0045.jpg

メインの建物の他にテントで屋外販売所もあり、ちょっとしたサービスエリアのようです。

0046.jpg

トイレもこの通り、かなり立派です。



B級グルメ系の食べ物も結構ありました。

0048.jpg



車の数に比べて少し閑散としているようですが、建物に入ると

0049.jpg

この通り、人がたくさんおりました。

ほとんど生鮮食品が目的の地元の方々のようです。

0074.jpg

ん?「福島産」「茨城産」の野菜に「宮崎産」「カリフォルニア産」の果物等々・・・
グルっと見て回りましたが、地元産は入り口近くにあった少量の大根や白菜くらい。

春日部の隣ですから、この辺ではまだそんなに農産物はないのでしょうか。

地元の方々にとってのスーパーみたいなものなのですね。


もちろん隣の棟ではおみやげ物も売ってます。
別棟では中華や寿司などの小さなフードコート的な場所もあります。



お次は

0068.jpg

埼玉の県境からすぐ、同じく4号バイパスの上り線沿いにあります。

0069.jpg

こちらに着いたのは15:30頃ですが、外のテント販売は片付けをしていました。


中に入ると

0071.jpg

0072.jpg

こちらは完全に地元産の野菜のオンパレード!

見てください大根の葉っぱのシャキッとした感じ
朝に抜いてきたものでしょう。
ラベルには生産者の名前もかいてありました。

大根と青唐辛子とナスを買いました。

もちろんおみやげ物売り場と食事ができるところが併設されています。




最近の道の駅は結構楽しいですね。

規模は庄和の方が五霞よりも少しだけ大きな感じでした。

この2つの間にも「道の駅ゆめすぎと」というのがあったのですが
時間の関係で寄れませんでした。

これからも「道の駅」を見つけたら出来るだけ寄ってみたいと思います。


Try WiMAXその2

WiMAXのルーターを持って出かけてみました。

都心に行けば使えるのは分かっているので、国道4号線を北上してみました。

0043.jpg

まずはこちら。

11n準拠のノートPCと、11b/g準拠の古いアンドロイドタブレットを持ってきました。

ここでのノートPCの速度はこちら
庄和

タブレットはこちら。

0051.jpg

タブレットはBNRの画像読み込み板じゃないとうまく測定できないのですが
ノートでそれを使うと体感よりずっと遅い数値が出るのでラディッシュを使いました。

11nのノートの方が遅いと言う結果になりました。



もう少し走って、次はこちら
カインズモール大利根店です。

0065.jpg




ノートは
五霞

タブレットは

0067.jpg

今度はノートの方が速い結果が出ました。
なにがどうなっているのやらです?


春日部の辺りで走行中にノートPCでスカイプのビデオ通話をしてみました。
(もちろん助手席です)相手は家庭の光回線です。

音声は明瞭でした。

こちらから見る画像はいつもと変わらないようでしたが
こちらを見る画像は、相手の話によると口と音声が合わないらしいです。
いっこく堂の反対で「声が先に聞こえる」ようです。




いずれにせよ「最大45Mbps」なんて広告を打つのなら
実測でもエリア内なら常に10Mbpsくらいは出てほしいと考えてしまいますが
「宣伝」なんてそんなものなんでしょうねえ・・・。

来年にはLTE回線も開始するようなので、それに期待です。


ちなみに帰り道の大袋駅の近くでもう一度測定したところ

0073.jpg

結構いい値がでました。




ちなみに初日以降、家では何度も測定していますが
最初の速度に達したことは今のところありません。
初日以外は11nノートでもタブレットでも最高で4Mbpsくらいしか出なくなりました。



なぜでしょう?











ハバネロ ビヨンド

前出の「ネロ大魔王」ですが、全然色付きません。

しかし着々と仲間を増やし、地球侵略の準備を整えているようです。

0031.jpg


知らぬ間にどんどん「顔」が増殖していました。

0035.jpg

0034.jpg


この辺からはちょっと「プレデター」のようです。

0036.jpg

0039.jpg

こんなのが他にも多数!



しかしやはりこいつは別格です。

0037.jpg

もはやうっすらと黒目まで浮き出てくる始末・・・こわいよ~(ToT)...



しかしどいつもこいつも悪人顔です、さすが極悪の辛さを誇るハバネロ。

第二弾が絶賛公開中の「アウトレイジ」のようです。



「全員悪人」

0040.jpg

こうすると少し「エヴァンゲリオン」に似てなくもないかも。







Try WiMAXその1

「トライ ワイマックス」という名前で
UQWiMAXが、完全無料で15日間お試し出来るサービスをしています。

お金は一切かからないのですが、申し込みをするにはクレジットカードが必要です。
本人確認と、返還されなかった場合の引き落としのためです。

今後、出先で「タブレット+モバイルルーター」という使い方もいいなと思って
先日申し込んでいたのですが、ついに届きました!

0028.jpg

小箱にはルーター本体、家庭用充電器、USB充電ケーブルが入っていて
その他に案内、返送用の着払い伝票が入っています。


早速開けてみましょう。

0029.jpg

今回お借りしたのは「URoad-8000」と言う機種です。
思ったより小さくて軽いです、片手にすっぽり収まります。

「Try WiMAX」のテープが貼ってあります。

0030.jpg

家の中での電波状態は、2番目にいい状態を表すオレンジのライトになっています。
(バリ3なら緑のライト)
東京23区、環七の内側に住んでいます。

とりあえず接続して速度を測ってみましょう。

現在うちはマンションタイプの光回線を無線LANで使っており

平均速度は11n準拠のノートPCで50Mbps、b/g準拠の古いノートPCで10Mbps
同じくb/g準拠の古いタブレットも10Mbpsくらいです。



さて、結果は11nノートPCが8.9Mbps、タブレットが2.8Mbps
古いノートは測定しませんでした。



PCは実用十分な速度です、いつもと比べてストレスを感じるほど遅いわけではありません。

うちは誰もオンラインゲームをしないので、通常見ているサイトなら
「なんか一瞬遅いかな?」くらいなものです。

タブレットに至ってはほとんど変わらない感じです。
私がタブレットで見るようなサイトは3Mbpsもあれば十分なんでしょう。


ノートはラディッシュで計測したので、安定性も表示されました
92.5!最近の無線はこんなに安定しているとは。

イー・モバイルの開業と同時にしばらく加入していたのですが
安定性はいつも50くらいなもので、ちょくちょく切断していました。


あとは後日出かけて使ってみるので、「その2」でレポします。





追記 11/9お昼に速度の再計測をしました。

条件を一緒にするために全て「BNRスピードテスト 画像読込み版」で計測

11n準拠ノートPC  4.16Mbps
b/g準拠ノートPC   1.06Mbps
b/g準拠タブレット  3.32Mbps







麻婆豆腐

前の記事で作った甜麺醤を使って麻婆豆腐を作ります。

0019.jpg

お気に入りの豆腐屋さんの木綿豆腐が売り切れだったので、今回は絹豆腐です。
容器から出すときに割ってしまいました。

豆腐はキッチンペーパーの上に乗せて、レンジで加熱して水分を出します。

豚肉はバラ肉を包丁で叩いたものです、ひき肉でももちろんOKです。

にんにくと生姜はみじん切りにしておきます。
ネギもこの時点で刻んでしまうと、もうまな板は使わなくて済みます。

肉、にんにく、生姜、ネギはお好みの量でいいと思います。
異様に少ないとか多いとかじゃなければ、あまり失敗しない料理です。



0021.jpg

左上から、肉、にんにくと生姜、ネギ
水溶き片栗粉、ガラスープ、しょうゆ、酒
豆鼓醤、豆板醤、そして自家製甜麺醤です。

写真を撮るときに忘れてしまったのですが、あとゴマ油とラー油を使います。

だいたいですが、水溶き片栗粉は片栗粉も水も大さじ1くらい
ガラスープは100ccのお湯に小さじ2くらい
しょうゆは味見しながら適量です。

豆鼓醤は小さじ1/2、豆板醤は小さじ2くらい(辛め)、甜麺醤は大さじ2くらいです。

ユウキ食品の豆板醤は李錦記のものより辛いので注意。


0022.jpg

サラダ油をひき、肉を炒めます。
完全に火が通るまでしっかりと炒めます。


0023.jpg

肉に火が通ったら端に寄せ、開いたスペースにニンニクと生姜を入れて炒めます。


0024.jpg

甜麺醤を入れ、しっかりと肉に味をつけます。
味がついたら豆板醤と豆鼓醤を入れ、炒めます。
豆板醤の辛さが目に来たら酒少々とガラスープを投入です。


0025.jpg

豆腐を投入して少々煮込みます。

沸騰したら味を確かめて(豆腐から水分が出るのでたいてい薄くなる)醤油で調整します。
甘さが欲しかったら砂糖を入れてもいいでしょう。


ここでこれ、「花椒」の登場です。

0020.jpg

前は使っていなかったのですが、一度使ったらもうやめられません。
まるで違います!使うことによって本格麻婆豆腐になります。

画像くらいの量は使います、しっかり擦っておきます。


0026.jpg

一度火から外し水溶き片栗粉を入れて、混ぜてから火に戻します。
火を強くしてしっかりと加熱しないと、食べてる最中に水っぽくなります。

ネギ、花椒、ラー油、ゴマ油を加えて混ぜれば完成です。

0027.jpg

うちのはかなり辛いです、ハフハフ言いながら食べます。










風邪の食事


うかつにも風邪をひいてしましました。

あまり食欲もありませんが、風邪の時の食事と言えばやはりこれ。

「鍋焼きうどん」

0012.jpg

つゆはなんでもいいと思います。
うちは昆布つゆなので、粉末かつおだしの素も少し足します。


風邪なので特にネギは大量に

0013.jpg

0014.jpg

沸騰したらお麩を加えます。

うどんを入れます。

0015.jpg

このへんで味の濃さの最終確認をしておきます。


卵と天ぷらを乗せます。

0016.jpg

0017.jpg

フタをしてしばし、完成です。

0018.jpg

取り分けて食べましょう。

わざわざブログに載せるような料理ではないのですが

いかんせん風邪ひきなので今日はこれにて。





カプリコン・1

最近めっきり映画館よりDVDで観ることが多くなってしまいましたが
映画は大好きです。

まだ小学校低学年の時に、やはり映画好きの母に連れられて
「タワーリング・インフェルノ」を観てからずっとです。



まだ内容がよく分かる年齢でもなかったし
当時はもちろん字幕のみで、漢字のほとんどが読めませんでした。

ただ火が近づいてくる緊迫感、マックイーンのかっこ良さは
しっかりと目に焼き付いたものでした。


「一番好きな映画は?」なんて聞くと、ちょっと映画通の人は
難解な映画やマイナーな映画の名前を得意げに挙げることが多いので
映画通(ぶっている)の人はちょっと苦手です。

私もたくさんの映画を観ましたが、主にアクション、サスペンス
SF、アドベンチャーを観てきました。

恋愛物は観ないし、感動物は本で読む方が好きです。


封切り当時は小学生だったのですが
1~2年後に中学生になってから名画座で観て
すごくドキドキした映画がこれです。



「カプリコン・1」
いまだにこれを超えるサスペンス映画を知りません。

DVDを持っていますが、今でも定期的に思い出して観たくなります。
当時は誰だかわからなかった「O・J・シンプソン」なんかも出ていて
今観るとまた別のイミで感慨深かったりもします。

「ヤラセの宇宙船が爆発したことになり
監禁されていた搭乗員はいったいどうなる?」

初期の007シリーズは「中学1年生が理解できる内容」という
不文律があったそうですが、これもなんとか理解できる内容です。

それでいて奥深く、緊迫感満載でとにかく面白い!

捕まるシーン、殺されるシーンは一切無く
照明弾だけが知らせてくれるので、あとは想像するしかありません。

ヘリコプターのシーンも秀逸です。
ヘリコプターそのものが命令に従うロボット兵のように見えてしまいます。

とにかく、内容、脚本、映像、全てにおいて最高です。


これが私の「1本」です。




かる~い自己紹介

バルキッチョ

筆者:バルキッチョ
こんにちは
B級グルメと酒をこよなく愛し、工業系なこともわりと得意としています

最新記事
よかったらコメントしていってください
こよみ
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
今月はこんなもんです
カッテゴッリ
ゆっくりしていってください
ランキングです
調べます
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR