FC2ブログ

洗濯機清掃


年末に毎年恒例の洗濯機の清掃をしました。

「知らぬが仏」という言葉があります。前に記事にしたエアコン清掃もそうですが、知らなければ手間をかけて分解することもないだろうなと思う作業の第二弾です。


0995.jpg

シャープ製の縦型洗濯機、2014年製です。

分解を開始します。


0996.jpg

側面のネジを抜きます、反対側にも同じようにあります。


0997.jpg

上からのネジも抜きます、これも両側にあります。


0998.jpg

パカっと開きます。


0999.jpg

洗濯槽上部のカバーを外してパルセーター中心のネジを抜いてパルセーターを外しますが、この時点ではパルセーターを外に出すことはできません。

なのでパルセーターを立ててどかしながら洗濯槽を固定している4本のネジを外します。


1000.jpg

洗濯槽が抜けました、とりあえずこちらは後にして防水槽の掃除をします。


1001.jpg

こういう状態です、初めてこういう画像を見る人は「汚れている」と思うでしょうが、洗濯機の実情を知っている人は「たいして汚れていない」と思う程度の汚れです。


1002.jpg

外せる部分は外して洗います。


1003.jpg

「防水槽」なので中で洗剤や水をジャバジャバ使って洗えるので結構簡単にキレイになります。



1004.jpg

洗濯槽を分解します、ネジを全部抜いて上部のリング部分を外すとパルセーターを取り出すことができます。
リング部分には液体バランサーが封入されていますので動かすとジャバジャバと音がしますし結構重いです。


1005.jpg

くず取りネットの取り付け部分を外すと裏は結構カビが溜まっています。
縁のカビは固くこびりついています。


1006.jpg

洗濯槽内は簡単にキレイになりますが、縁はしっかりと硬めのブラシをかけないと落ちません。


1007.jpg

裏もキレイにします、黒い部分はおそらくフライホイールのようなものだと思いますが、これは無理に外さなくてもいいと思います。


1008.jpg

パルセーターの裏は根気よく仕切りの中も一つ一つをキレイにしていきます。


1009.jpg

1011.jpg

キレイになりました。
洗濯槽を組み立て、あとは分解と反対に組み立てれば終了です。


1012.jpg

1014.jpg

1013.jpg


洗剤の投入口の上部なども汚れていましたが、組み立ててからブラシで洗うとキレイになります。



ウチの洗濯機は毎年年末に分解清掃をしています。

一般に売られているつけ置きする洗濯槽クリーナーというのは洗濯槽の裏や防水槽の表面のカビを落とすためのものですが、あの手のクリーナーのみで完全に洗濯槽の裏がキレイになるなんてことは絶対にありえないと思います。
新品時から週一くらいでやっていればカビが付かないかもしれませんが、一度付いたらあれだけで完全に取り去るのは不可能です。
でもある程度は取れるのでやらないよりはやったほうがいいでしょう。

この記事の汚れはまだ「薄茶色」ですが、もし洗濯槽クリーナーを使って真っ黒や濃い茶色のわかめ状のカビが出て来るようだと、分解すればもっとおぞましいものが見られるということです。


シャープの縦型洗濯機は洗濯槽に穴がありません、これがシャープ製を購入した理由でもあります。
くず取りネットも槽の外から循環するタイプではなく、槽内の遠心力と水圧のみで循環しています。
脱水も洗濯槽の内側を上に向かって水が抜けます。

洗濯槽に細かい穴があるタイプの洗濯機は洗濯槽と防水槽の間にも水が溜まって洗濯をするため、洗濯槽の裏や防水槽の内側の汚れも循環しているのです。
その点シャープ製は洗濯槽の外に出た水がまた洗濯槽に戻ってくることはないので洗濯槽の外側の汚れをあまり気にする必要はないのです(年一で分解などする必要もないのですが性分なので仕方ありません・・・)
そういう構造なので通常のつけ置きする洗濯槽クリーナーはシャープ製に使ってもまったく意味がありません。


不満が一つ、くず取りネットの取付部分の裏にカビが生えるのはいただけません。

このプラスチック部分は外側からネジ止めされているので洗濯槽を抜かないと外して清掃ができないのです。
槽内にネジの頭とかがあると洗濯物が引っかかる可能性があるので仕方ないのですが、ならばパッキンなどを使うなりして裏に水が入るのを防いで欲しかった。

せっかく掃除したのでしばらくこのままで使いますが、夏頃に改造するかもしれません。
この部品はいっそ外してしまって5つのネジ穴を塞いでしまおうかと思っています。
くず取りは100円で売っている浮かべるタイプや側面に吸盤でくっつけるものでいいかなと。




検索すれば洗濯機の内部の現実の画像はたくさんありますが、もしこの記事でそれを知ってしまった人がいたらすみません。
でも明日の朝にはもう忘れている人がほとんどでしょう。もし翌日も自分の洗濯機の状態が気になって、寝る前にも考えてしまうような人がいましたら、残念ですがアナタはこちら側の人間です。
おとなしくあきらめて「メーカー名 洗濯機 分解」で検索して必要な工具を用意しましょう。


スポンサーサイト

マジ歌ライブ2017

またやってきました武道館

0976.jpg

今回はゴッドタンの人気企画から生まれた「芸人マジ歌選手権」のライブです。

前にも中野サンプラザや東京フォーラムで開催していて、その時も行きたかったのですがチケットが手に入りませんでした。
今回は先行(DVD購入者、たぶんアリーナ)販売があって、その後の一般販売で購入しようと思ったのですが、すっかり忘れてしまって一日経ってから確認したらすでに完売でした。
しかしつい2週間くらい前にステージ位置が決定したので追加席の販売があり、カミさんが見つけて購入しました。

これがまた追加席だとハッキリ分かるくらいステージ真横の2階席!
武道館は角度が急なのでかなり上から見下ろす形になり、本来見えない書き割りの裏まで丸見え!
おかげで次に出る人がスタンバってるとこや、何かに隠れて真ん中に移動しようとしているのとかまるわかりでした(笑)


笑えたし楽しめたけど、新ネタが少なかったのがちょっと残念・・・。
ほぼ正月特番そのままのネタで、最後に2つくらいの新ネタがあっただけでした。
おまけに前日に録画しておいた正月特番を見直してしまったのが裏目に出て、完全に新鮮味を失ってしまいました。

次回に期待しましょう。

エアコン清掃


夏も終わり、冬の暖房前に汚れたエアコンを掃除します。
毎回分解時に「あれ、どんな順番だっけ?」と悩むので忘れないように記録しておきます。

あくまで自分のために記録するだけなので、もし参考にして分解する人がいても自己責任でお願いします。

0919.jpg

パナソニックのCS-J251Cです。
ナノイー機能はありますが、最近の高機能エアコンではありません。

高機能エアコンだと分解に手間がかかるので、あえてできるだけ簡素なエアコンを選んでいます。


まず電源を抜いて上部のカバーとフィルターを外し、ルーバーを冷房時の位置にしておきます。

0920.jpg

0921.jpg

この2箇所のカバーを取り、ネジをはずし、上に持ち上げるようにカバーをはずします。

0922.jpg

熱交換器のフィン部分がむき出しになりました。

0923.jpg

最近のエアコンは使用終了後の乾燥機能が付いているのでフィン部分にカビが生えるということはめったにありません。
タバコを吸う家でヤニが付着していたり、フィルター掃除を怠りすぎてホコリが付着したりした場合はそこからカビが発生することはあるでしょう。


余談ですが、一般的にエアコンの清掃というのはこのフィン部分の清掃用具ばかり売っています。
洗浄スプレーや清掃業者もこの部分を重点的に洗っているような印象があります。

でも実際には、タバコを吸わずフィルター掃除をマメにしている家庭であればここはほぼ汚れません。

なのでフィンを曲げないように気をつけて掃除機で軽くホコリを吸います。

0924.jpg

そしてあくまで軽くスチームクリーナーをかけておきます。



ここまでは一般的なエアコン掃除ですが、個人的にはここからが重要な掃除だと考えています。

0926.jpg

横方向のルーバーの連結をはずします。


0927.jpg

縦方向のルーバーを動かすモーターをはずします。
画像ではもうはずれていますが、モーターを取ってからの方がルーバーも取り外しやすいようです。


0928.jpg

後でもいいのですが、反対側のこのネジをはずします。


0929.jpg

両側のこのあたりを持って揺するように動かします。


0930.jpg

少し動いたらドレンホースをはずします。


0931.jpg

ドレンパンがはずれますが、横方向のルーバーのモーターがあるため配線でぶら下がってしまいます。


0932.jpg

なのでモーターを固定しているネジを抜きます。


0933.jpg

ドレンパンがはずれました。


0934.jpg

点々とカビが着いています。


0935.jpg

内部もこの通りです。このようにカビは金属製のフィンなどより樹脂部分にこそ発生しやすいのです。
シロッコファンにもホコリが付着し、そこにカビが発生しています。

しかしこのカビはあくまで水分にホコリが吸着し、そこに発生しているので樹脂の内部に根が入り込んでいるわけではありません。
なので分解さえできればキレイに掃除することが可能です。


0936.jpg

このネジをはずします。


0937.jpg

熱交換器を少し手前に持ち上げますが加減に注意します、配管に亀裂などが入るとエライことになります。


0938.jpg

シロッコファンの軸受がはずれるようになります。


0939.jpg

軸受をはずします。


0940.jpg

シロッコファンを固定しているネジを抜きます。これは軸受をはずす前にしておくべきでした・・・。


0941.jpg

内側のフィンに当たらないように注意してシロッコファンを抜きます。


0942.jpg

ファンのハウジングもこの通りカビだらけです。


0943.jpg

ここまで分解するとよく分かるのですが、熱交換器はファンを取り巻くようにこのような「への字状」になっています。
ということは、よくある洗浄スプレーで前面から吹き付けるだけでは奥の部分は全くの手付かずということになります。

私はこの状態でもう一度内側から軽くスチームクリーナーをかけます。
もうドレンパンはないのでこのままだとスチームが飛び散り水滴が落ちます、周りを汚さないようにバスタオルなどで囲みます。
ホコリが取れればいいと思うのでPC用のエアダスターなんかで吹くだけでもよさそうです。


0944.jpg

取り外したシロッコファンです、かなり汚れています。

分解はここまでです、あとは清掃です。


0945.jpg

0946.jpg

内部は洗剤で洗い、その後薄めたハイターで拭きます。


0947.jpg

外した各部品も洗剤とブラシで洗い、その後泡ハイターをかけてから流して乾燥させます。

あとは分解と逆の順序で組み立てます。

0948.jpg

これでまた気持ちよく使えます。

ウチのエアコンはこのナノイーエアコンと寝室にプラズマクラスターエアコンがあり、空気清浄機はダイキンの光速ストリーマです。
どれも防カビ、抗菌機能をウリにしていますが、どれも手入れをしないと必ずカビは発生します(空気清浄機は加湿系統にだけですが)。
これらはあくまで「通常のものよりカビが発生しにくい」ということだと思っています。

ウチは都会のマンションで角部屋です。タバコを吸う人間はいないし窓を開ける機会も多く風通しも良好です。
掃除もマメにしています、それでもエアコンにはこの程度のカビは発生します。


私は潔癖症ではありませんがキレイ好きだと思います。
ここまで分解して清掃をするのはかなり少数派でしょうが、分解しないと分からないこともたくさんありました。実際シロッコファンは取り外さないとファン内部の仕切りの清掃などは不可能です。

自分で分解できないと業者に頼むことになるのでしょうが、業者はここまで分解をしないので実際には内部のカビなどを取り切れる訳ではないと思います。
もちろん清掃後はカビが増えにくいようにしてくれるのでしょうけど。

最近は「自称、潔癖症」の方がたくさんいらっしゃいますが、エアコンのこの現実を知る人はほとんどいないようです。
「ウチはプラズマクラスターだから大丈夫」「洗浄スプレーで掃除しているから大丈夫」「業者に頼んでいるから大丈夫」と言ってますが、この現実を知ったらどう思うでしょうか?
それだけではカビを撒き散らしている可能性がとても高いことになります。

エアコンメーカーはもっと簡単に分解できるような構造にするべきだと思います。
室内機は複雑な構造ではないのでシロッコファンまでは誰でも簡単にはずせるようにするべきです。

このカビの現実をCMで流せば結構需要はあると思うのですが。

アリス コンサートツアー2013 「it's a Time」

11月2日、アリスのコンサートツアーの最終日、武道館に行ってきました。

0576.jpg

昔から全国を回ってライブをしていたアリスらしく
今回も全都道府県を回って武道館に来ました。



0577.jpg

どういう関係か知りませんが、AKBのメンバーからも花が届いていました。



0578.jpg

あまりいい席ではありませんでしたが、武道館は最近の会場にしては狭いので
十分に楽しむことができました。

私は1980年か81年のアリスライブに来て以来です。
当時は中学生でしたが、今も鮮明に覚えています。

それからアリスは活動を休止してしまいました。
そして数年に一度「アリス」としての活動をしているようです。



それにしても素晴らしかったです!

トシを取ったとは言えボーカルの二人はソロで忙しく活動しているし
昔から声量、歌唱力は抜群の二人です。

そして昔からとにかくライブで培った人達なので
ライブを盛り上げるのはとても上手です。


そして意外なほど一番トシを取っていないと感じたのはキンちゃんでした。
失礼ですが、昔からちょっとフケ顔だったので
今もほとんど変わっていないと思いました。


昔はチンペイさんが下ネタを含む軽口で観客の笑いを取っていましたが
今回はなんとキンちゃんがその役をしていました!


あっという間の2時間半でした。

それにしてもBSスカパーの無料放送で生中継をしていたとは・・・。
チンペイさんが言うまで知りませんでした
知っていたら録画してきたのに、残念。


しかりやっぱり「アリス」です。

私は谷村新司さん、堀内孝雄さんのソロ活動の曲にはまったく興味がありません。


3人でやっている「アリス」が最高です。


スズメのヒナ 巣立ち


前記事のスズメのヒナですが
5日間保護し、たっぷりと栄養をあげたらものすごく元気になりました。

1mくらいの高さまでなら飛べるようになったので
もう犬に追われる心配もなくなり保護した場所に返しました。

0496.jpg

枝の股の部分に乗せてやって、しばらく観察していたら
ヒナの鳴き声に反応し、1羽のスズメが近くの木まで寄ってきて鳴き始めました。

多分親鳥でしょう、これで餌も安心です
親鳥が安心して近づけるよう、私はゆっくりとその場を去りました。


腹の座ったヒナで、だいぶ人の手に慣れてしまいましたが
たった5日のことなのですぐに元に戻るでしょう。

「元気でな!」



余談ですが、親鳥は本当に大変だと実感しました。
ヒナは朝の6時から18時までの間は2時間おきに餌をあげなきゃなりませんでした。

「親鳥は本当にエライ!」





かる~い自己紹介

バルキッチョ

筆者:バルキッチョ
こんにちは
B級グルメと酒をこよなく愛し、工業系なこともわりと得意としています

最新記事
よかったらコメントしていってください
こよみ
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今月はこんなもんです
カッテゴッリ
ゆっくりしていってください
ランキングです
調べます
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR